セミリタイア後の住宅探し・・・決断のとき

スポンサーリンク

前回の続きで、第1候補の物件がネットから消えた後の話し。
ちょうどそのとき(5月下旬)、内覧したときの不動産屋さんからメールが入った。
内容は、
「その後、お住まいはお決まりでしょうか」
「まだ決まっていないようでしたら、情報を送りますよ」
というものでだった。
内覧から4ヶ月以上後の唐突なメールではあったが、ちょうどいい機会だったので第1候補の物件がまだ残っているか聞いてみた。
すると、「まだ紹介できます」との返事。
数日後、ネットでも再びその物件が掲載された。
「やれやれよかった」と思うと同時に、
それまで7月いっぱいまで他の物件を調べてから一つに決めようと思っていたが、今が決断のときではないかと思い始めた。
というのも、半年近くほぼ毎日ネットで物件をみていたが、第1候補の物件以上のものは出てこないし、「少し気になる」と思う物件さえ全く出てこないのだ。

スポンサーリンク

決断のとき

そう考えていた6月下旬、不動産屋さんから、
「第1候補の物件は、価格が値下がりして、他の方に紹介することが多くなり、申込む可能性があるお客さんもいる」
「価格の端数は交渉するので、購入希望書を出してみては」
とのメール。
嘘でも大げさに言っているようでもないし、自分の気持ちも決断する方向に傾いていたので、第1候補の物件に申込むことにした。
希望価格は、不動産屋さんの提案とこちらの希望が同じだったのでその額とし、引渡日は引越しが早くても10月下旬になるので9月下旬、契約日は逆算して7月中旬にした。
これに対し、不動産屋さんから価格と引渡日は売主さんと交渉するが、契約日は6月中にしたほうがいいとの連絡。
というのも他の方が申込む可能性があるので早いほうがいいとのことだった。
特に問題はなかったので、契約日を6月末に変更し売主さんに交渉してもらうことにした。
すると次の日、なんと不動産屋さんから「売主さんOK」との連絡。
何の駆け引きもなく、1日であっさり決まった。
すぐに購入希望書などを書いて送った。
これで住宅のほうも前に進み、セミリタイアに向けて2つの大きな案件にめどがついた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする