退職に向けて仕事の引継ぎスタート

スポンサーリンク

前回の続きで、退職に向けて仕事の引継ぎが大層なものになってきた話し。
引継ぎメンバーをスキルアップさせるための講義や実践活動を計画するよう指示されてから数日後、会議中に電話がなる。
上司からの電話で、今、別室で仕事の引継ぎ内容と計画を部署内の他の管理職に説明しているので来るようにとのこと。
会議を中座し別室に行くと、私が作成していた資料を使って上司が説明をしていた。
説明後、管理職から質問や意見が出る。
「この人も引継ぎメンバーに加えて欲しい」、「残り3ヶ月でスキルは上達するのか」、「この技術はこれからどんな方向に進むのか」、「引継ぎメンバーの中で次の指導的な立場になれるのはだれか」などなど。
私が全て答えた。
最後に部長から、直属の上司と同様に、引継ぎ計画を作成するよう指示される。
また、この活動計画策定に、部署内の人材育成や教育などの業務を行っている先輩技術者が加わることになった。

スポンサーリンク

引継ぎ計画実行へ

早速、翌日から2日ほどで先輩技術者と具体的な計画を立てた。
8月に入り、部署内の管理職に計画案を説明し、承認を得た。
直接聞いた訳ではないが、部署内の管理職やその先輩技術者には、私が退職することが説明されていて、内密にされているようだった。
そのため、私に退職のことを聞く人はいなかった。
そして、8月の連休前にメンバーを招集して仕事の引継ぎ活動を開始することになった。
講義資料の作成や実践内容を考えて、少しでも引継ぎメンバーをスキルアップさせることが最後の仕事になるが、引継ぎだけに注力する訳ではなく、社内外の折衝や打合せなども続く。
最後の目標ができた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする