退職希望日をハッキリ伝える

スポンサーリンク

前回の続きで、今日はゴールデンウィーク明けの面談の話し。
ゴールデンウィークはいつもなら自転車旅に出かけているのだが、今年は1日だけ日帰りで遠出したぐらいで、約10年ぶりに自宅で過ごした。
来年からセミリタイアする予定なので、わざわざ料金が割増で混雑する時期に出かけることもないと思ったからだ。
そして連休明けの上司との年度はじめ面談の日。
まず最初に、
「退職の意思は変わらないか?」
と聞かれ、
「変わりません」
と答えた。加えて退職希望日をあいまいに伝えていたことを謝罪したうえで、
「退職希望日は今年2017年12月31日、有休も消化したいので現状、最後の出社日を10月下旬にしたい」
ことをはっきり伝えた。
上司からは、仕事の引継項目と引継候補者を考えておくこと、引継に向けた打ち合わせを今月中に行うことが伝えられた。
面談の最後に、
「退職希望日をはっきり伝えましたので、手続きなどの対応もよろしくお願いします」
と会社側として前に進めていただくようお願いし、上司からも了承いただいた。
これで前に進むだろう。

スポンサーリンク

引継ぎ計画の立案へ

その後、5月中に引継に向けた打ち合わせはなかったが、6月中旬に上司から引継リストとスケジュールを来週までに作成するよう指示された。
翌週に引継リストとスケジュールを提出するも、わかりづらいので小項目に分けて具体的に書くよう指示され、翌日に修正して再提出。
その後しばらく音沙汰なかったが、7月に入り上司から、仕事を引継ぐのにどういうスキルが必要か、そのスキルを身につける方法とスケジュール、引継者を記入するよう指示され、当日修正してすぐに再々提出。
さらに7月下旬に、引継ぐメンバーを増やし、スキルを身につけるための講義や実践活動を行い、その内容及び必要時間を具体化して、今月中に週1ないし週2の活動計画を立案するよう指示される。
いやはや、講義をするなんてなかなか大層なことになってきた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする