退職日・・・仕切り直し

スポンサーリンク

年明け早々に再度、退職の意思を伝えた。今日はその続き。
上司との面談で、退職の希望時期は6月いっぱいで、有休も消化したいことを伝えた。
有休をすべて消化しようと思うと、最後の出社日は実質4月18日になる。
そうすると、遅くても1ヶ月前の3月中旬頃には退職が認められ、その通知もされるだろうと想像していた。3月に入ると何らかの動きが会社側からあるだろうと・・・。
ところが、2月、3月になっても上司からは何の連絡もなく、ただ時間だけが経過していく。
6月いっぱいでどうしても退職したい意思があれば、こちらから再度話しを持ち出して進めていくのだが、1月の面談後、税金や社会保険料を調べている中で、退職時期としては年末に近いほど有利で、6月はあまりよくないように思えていた。
精神的にも肉体的にも切羽詰まった状態ではないこともあり、退職時期を後倒しにしようかと思い始めた頃だった。
結局のところ、税金や社会保険料は退職時期にほとんど関係なさそうなことがわかったが、もうすでに3月末になっていた。
そうなると最終出社日が4月18日になる6月いっぱいの退職はかなり無理があるので、後倒しにすることにした。

スポンサーリンク

仕切り直し

会社側から何の動きもなかったのは、多分、退職希望が人事に伝わっていないためと思った。
面談の際に言われた「当分、人事には伝えず、直属の上司と部長だけの話しに止める」の、「当分」というのが、現状なのだろう。
この原因は、自分が退職希望日をはっきり伝えていないためだ。
「希望は6月いっぱいだが、引継もあると思うので相談させてください」ではダメなのだ。
4月になって新しい年度が始まり、いつものように年度はじめに直属の上司との面談がある。
この面談は、主に昨年度の成果と今年度の目標、その他要望事項などを上司と話し合う場であるが、退職時期をはっきり伝えるにはこの場しかない。
では、退職時期をいつにするかだ。候補は2つ。キリのいい9月末か12月末。
色々考えた末、退職希望日を12月31日に決めた。
理由は単純に、ボーナスをもう1回もらえること、今年の確定申告をしなくて済むこと。
5月の連休前には、上司との面談も連休明け早々になることが決まった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする