退職を伝えた後の展開

スポンサーリンク

今日のブログは、2016年の年末に直属の上司に退職希望を伝えた後の話し。
年明けの2017年1月16日、退職希望を伝えた上司と簡単な面談があった。
最初に、「退職の意志に変わりはないか?」と聞かれ、
「変わりはない」と答える。
すると、「部長にも伝えている。来週、部長が面談する」と伝えられ、あっさり2分程で話しは終わった。
翌週の1月23日に、明日24日の朝礼後に部長、直属の上司を交え面談することが伝えられた。
ところが、翌24日の朝礼前から直属の上司は急な打合せで不在。
面談はいつするのかと思っていたところ、8時45分頃に部長から声がかかり、2人で面談することになった。空いている会議室に向かう。
2人だけで話すのは多分初めてのはずだが、今日のことは頭の中で何度もシミュレーションしていたので緊張することは全くない。

スポンサーリンク

面談スタート

まず最初に聞かれたのが、退職したい理由。
これは直属の上司の時と同様に「帰郷したいため」と答えた。
すると、北海道のどこに住む予定なのか?、転職先について会社からのサポートは希望しないのか?、退職希望時期は?など聞かれた。
こちらからは、「転職先のサポートは希望しない」、「仕事は別に続ける」、「退職日は6月いっぱいが第1希望だが、引継ぎもあると思うので遅くても年内中で相談させてほしい」と答えた。
もちろん、「セミリタイアする」ことはあえて伝えなかった。
退職日について、直属の上司との面談では、「遅くても年内中」とは言っていなかったが、税金や社会保険料を調べている中で12月退職のほうが有利なように思えたため、少し希望を変えた。(その後、よく調べると大差ないことがわかる)
最後に、「うちの会社では基本的に従業員の希望に沿うよう進めるが、仕事の引継だけはしっかりするように」と釘を刺された。
もう40後半の社員なので引き止めの言葉はない。
ただ、「当分、人事には伝えず、上司と部長だけの話しに止める」と言っていた。
面談は20分程で終了、これで退職に向けて話しが前に進むと思った。
ところが、実はこの後、退職の話しは全く進まないことがわかる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする