セミリタイア後の健康診断を考える(健保組合編)

スポンサーリンク

7月の始めに、今年度の健康診断を受診してきた。
結果はまだ届いていないが、セミリタイアを目指す身としては健康であることがモノ凄く重要なので、結果が気になるところだ。
この健康診断、毎年受診できるのも会社員であるがため。
労働安全衛生法により事業者は従業員に対して健康診断を実施しなければならず、また従業員も事業者が行う健康診断を受診しなければならない。
では、セミリタイアするとどうなるのか、そしてどうするか考えた。
巷では、健康診断を毎年受診した人と1度も受診していない人の平均寿命は変わらないとか、受診していない人のほうが長生きするとか、いろいろ言われている。
一応、毎年1回はこれまでと同様な項目を受診したいと考えている。あとは費用がどうなるかだ。

スポンサーリンク

健康保険組合を任意継続した場合

退職直後は、会社の健康保険組合を任意継続するつもりなので、任継後の健康診断を調べてみた。任継による健診は多分1回きりだろう。
すると、健診は、自己負担がない基本項目と自己負担があるオプション項目に分かれている。
自己負担のない基本項目のうち、これまで会社で受診してきた胃部X線と腹部エコーがこの中に入っていない。自己負担のあるオプション項目となっていた。
この2項目を追加した場合の自己負担額は分からない。多分、受診する健診機関で異なるのであろう。
基本項目の健診でも、健診機関によって自己負担が発生する場合もあるようなのでオプション項目とあわせて事前に確認して健診機関を選びたいと思う。
いま一つよくわからなかったのが、健診できる機関だ。
全国約2,000機関で受診できるようだが、肝心のそのリストが探しても見つからない。
セミリタイア後に移住予定の街は大きいので、2,000機関の中に入っていると思うが、選択肢が多いのか、それともほとんどないのか、知りたいところだ。
この辺は、退職手続きの折にも聞いてみようと思う。
任継の後は国民健康保険に移行するが、次回は国保の健康診断を調べてみる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする