GPS “eTrex Vista HCx “の現状

スポンサーリンク

GPSその2の続きです。

今日は”eTrex Vista HCx “を8年間使ってきて出てきた症状を紹介したいと思います。

GPSをつけて自転車で走っていると、画面上の地図には進行方向が矢印で表示されます。使い始めて2年ぐらいたった時期から、矢印が進行方向に対し、左に10~20度ほど傾くようになりました。症状がで始めた頃はGPSのコンパスをキャリブレーションすると直りましたが、しばらくすると元に戻りました。近くに取り付けているライトの電池やサイコン(サイクルコンピュータ)の無線電波が影響しているかもしれないと思い、ライトとサイコンから離してつけたり、ライトとサイコンを外してみたりしましたが改善しませんでした。今はもう諦めてそのままにして使っています。

自転車を止めて展望台などに歩いて行く場合やトレッキングをする場合、位置データのログを取るため、自転車からGPSを外して持ち歩いています。GPSはアダプタからワンタッチで外せるので簡単なのですが、何十回も外したり、付けたりを繰り返しているとプラスチック製のハンドルマウントアダプターに亀裂が入り、ついには折れてしまいます。8年間で2度ありました。これも新しく購入すると1000円ほどします。

地図や位置データはマイクロSDカードに保存されていますが、たまに電源を入れても地図が表示されないことがあります。その場合は一旦電源を落として、SDカードを挿入し直して再起動すると直りました。

防水レベルはIPX7なので雨の日の走行は問題ないです。ただ使っているうちに日差しや暑さ、寒さのせいか、本体のプラスチックとゴムの境目に隙間ができてきたため、その部分に接着剤を塗って使っています。ですが、多少隙間から水が入り接触不良になってしまったせいか、走行中に段差があると振動で電源が落ちてしまいます。特に長いくだり坂で電源が落ちると気がつかずに長い距離を走ってしまい位置データを取り損ねることもありました。最近は更に悪化して、普通に触っているだけで電源が頻繁に落ち、いよいよ寿命かと思っています。

スポンサーリンク

次のGPSを考える

ということで、新しいGPSの購入を考え始めています。最近はスマホアプリのGPS機能もずいぶん改善されているようです。

購入の条件ですが、これまでの経験から、あまり多くの機能は必要ありません。

測地精度がよいこと、電波の受信感度が悪くないこと、電池持ちがいいこと、画面が昼間の屋外でも見やすいこと、防水であること、自転車に取り付けられること、地図が常時表示されることぐらいでしょうか。雨雲レーダーも表示できれば最強です。

候補としてはこれまでの GARMINのようなGPS、スマホアプリ、スマートウォッチアプリぐらいかと思っています。今持っているGPSをなるべく長生きさせて使いつつ、スマホアプリの測地精度と受信感度、電池持ちを調べていきたいと思います。その間に次のGPS候補も絞りたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする