マイホーム購入に備え固定資産税と都市計画税を調べる

スポンサーリンク

以前のブログで書いたように、セミリタイアしたら北海道に自宅を購入して移住するつもりだ。
自宅を購入する時には、土地や家屋以外にもいろいろ経費がかかるが、購入後もずっとかかるのが固定資産税と都市計画税だ。
セミリタイア後は某市に移住する予定なので、市のウェブサイトで固定資産税と都市計画税を調べてみた。
他の自治体でもほとんど変わらないだろう。
固定資産税は、課税標準額(評価額)の1.4%、都市計画税は0.3%だ。
1月1日現在、市内に固定資産を持っていると課税され、年4回に分けて納税する。税額は3年毎に見直される。
物件の課税標準額は、購入前に不動産屋さんから入手するつもりだ。
ちなみに、年始に内覧した3LDKの中古マンションの課税標準額は以下のようなものだった。
家屋: 専有部 x,x40,600円、共用部 xx5,400円(固定資産税・都市計画税同じ)
土地: x,x76,850円(固定資産税)、xx,553,700円(都市計画税) 、持分:xx5,946分のx,002
土地の課税標準額は、固定資産税と都市計画税で異なり、またマンションなので戸別に持ち分があった。

スポンサーリンク

固定資産税と都市計画税を試算する

固定資産税は、
家屋: 専有部 x,x40,600円×1.4%=xx,768円、共用部 xx5,400円×1.4%=x,455円
土地: x,x76,850円×1.4%×(x,002/xx5,946)=x,697円
合計: xx,920円
都市計画税は、
家屋: 専有部 x,x40,600円×0.3%=xx,021円、共用部 xx5,400円×0.3%=x26円
土地: xx,553,700円×0.3%×(x,002/xx5,946)=x,584円
合計: xx,131円
となり、固定資産税と都市計画税の合計は、xx,051円になるだろう。
月額約x,x00円と考えれば、1ヶ月の経費として計算しやすい。
年始に内覧したもう一方の物件も、課税標準額はほぼ同額だった。
2つの物件とも、街の中心から少し離れた郊外にあり、間取りも築年数もほとんどかわらないので、だいたいの相場は掴めた。
市街地の物件は、もっと高いだろう。
購入後は売却することなく、できれば終の住処にしたい。家屋の評価は年々下がるので、固定資産税と都市計画税も減っていくだろう。
可能性は低いが、もし土地の評価額が上がり、固定資産税が大きく上がった場合は、売却するか住み続けるかをその時に考えたいと思う。
また、今年から高さ60m以上(おおよそ20階以上)のタワーマンションは、高層階ほど固定資産税が高くなるようだが、そんなところに住むつもりはないので、心配は無用だろう。
とはいえ、まずはいい物件を見つかることが先決だ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする