退職金を金利優遇の定期預金で運用する(第6回)

スポンサーリンク

退職金を対象にした金利優遇の定期預金は、退職から1年以内を条件にしている金融機関がほとんどのため、前回(第5回)が最後と思っていた。
一応、退職から1年以上経過しても利用できる金融機関があと一つ残っているが、金利が0.5%と退職金の定期預金としてはあまり高くない。
そんな折、第5回の退職金定期預金が満期を迎える1ヶ月半前の4月1日に、新生銀行から「金利優遇ご招待キャンペーン」という件名のメールがきた。
件名だけみると、他の銀行でもよくある仕組預金や外貨預金の勧誘メールかと思ったが、
内容は「2ヶ月ものの金利0.75%の定期預金」だった。
さらに詳しく定期預金の条件を確認すると、
・このメールを受け取ったお客様限定
・資金は300万円以上3,000万円まで
・キャンペーン期間は4月1日から5月31日まで
となっている。期間が2ヶ月と短いものの、金利0.75%は退職金定期預金並みに高い。
キャンペーン期間中に第5回の退職金定期預金が満期を迎えるので、利用するにはちょうどいいタイミングだ。
ということで、今後これ以上高い金利の定期預金プランが新たに出てこない限り、第6回の退職金定期預金は新生銀行にすることに決めた。

スポンサーリンク

定期預金の申込み

そして、第5回の退職金定期預金が満期を迎えた5月中旬、資金を新生銀行に移動させた。移動方法については、意外なことがあったので次回のブログで書くことにする。
振込みが完了したことを確認して、店舗に出向いた。
入口の受付で、予約はしていないことと、定期預金の申込みにきたことを伝えて、待合スペースでしばらく待つ。
15分ほどで担当者に呼ばれて、窓口で手続きを行う
今回申込んだ定期預金のキャンペーンは、メールで受け取った人限定だったの、その案内メールが届いていることをスマホで確認された。
あとは、書類などを書いて申込完了。
これにて、第6回目の退職金定期預金は完了した。後日リスク分散のため、退職金を個人国債(10年債)の購入にも当てた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする