退職金を金利優遇の定期預金で運用する(第5回)②

スポンサーリンク

前回の続きで、「最寄り支店で相談会はやっていないのか?」コールセンターに問い合わせるところから。
電話で問い合わせると、
「支店に直接電話で聞いてみてください」
とのたらい回し的な対応をされる。
要領を得ない回答だったので、こちらから「相談会はネットで予約できないのか?」、「その支店では退職金定期預金を申し込めるのか?」
と再度、聞いてみる。
すると、
「相談会は支店に直接電話して予約してください」
と答えるだけ。
ネット中心の銀行はこんな対応だろうと諦め、支店に直接問い合わせてみることにした。
すると、
「退職金定期預金の申し込みも相談会の予約も可能」
とのことだった。安心したところで、その相談会に必要なものを聞いてみると、
「特にお持ちいただく書類はありません」
との回答。しかも、どの相談会に参加するのかさえ聞かれることもなかった。
どうやら、第4回の退職金定期預金のライフプラン相談と同じように、単なる形式だけの説明で終わるように思った。
そして、退職金定期預金の予約を2月のとある平日にいれておいた。

スポンサーリンク

退職金定期預金の申し込み

当日、東京スター銀行に出向き、退職金定期預金を申し込んだ。相談会はやはり想定通り形式だけのようで、それに関する話しさえ全くなかった。
その一方で、退職金定期預金以外にも仕組預金も紹介されたが、そんな気は到底ないのですぐに断り、退職金定期預金の手続きをしてもらう。
手続きの最中には、仕事上の調査のためか、単なる興味本意なのか、それとも話しをもたせるためかいろいろ聞かれた。
「50代で早期退職された方はいたが、40代の方は初めて」、「退職後はどんな生活をされているのか?」、「家族の方は?」、「自宅は?」、「(退職金の源泉徴収票をみて)〇〇会社に勤めていたとはすごいですね。年収も多かったでしょう」などなど。
こちらにとっては取り留めのないどうでもいい話しばかりで、少々うんざりしたが、話せる程度で返しておいた。
これにて第5回の退職金定期預金は完了。お礼の品はなし。
退職金定期預金は、これが最後になるだろう。退職から1年以上でも利用できるキャンペーンは東京スター銀行ぐらいしかないのだ。
去年5月までの東京スター銀行の退職金定期預金は、金利が0.5%と今より低い分、退職から3年以内なら何度でも利用することができた。
ところが、去年の6月から金利は0.8%に上がったが、1回だけの利用に制限された。
次の満期まで、他の金融機関から新たにキャンペーンが出てこないか調べていくつもりだが、今のマイナス金利状況ではほとんど期待できないだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする