セミリタイア後の電気料金の支払い方法を考える

スポンサーリンク

今日は、セミリタイアに備えて、得になる電気料金の支払い方法を考える。
支払い方法には銀行やコンビニなどでの振込、口座振替、クレジットカード支払いがある。
このうち、全国の大手電力会社では、電気料金を口座振替にすると割引するサービスを行っている。
サービスを行っている電力会社は、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力で、電気料金に関係なく月額54円が割引になる。
北海道電力、東北電力、沖縄電力は口座振替の割引サービスを行っていない。
また、上記10の大手電力会社では、銀行やコンビニなどでの振込、クレジットカードでの支払いには割引は行っていない。
ではあるが、クレジットカードで支払ったり、クレジットカードでnanacoにチャージして電気料金を支払うと、クレジットカードのポイントが貯まる。
このため、口座振替割引サービスがない北海道電力、東北電力、沖縄電力の電力料金は、クレジットカードかnanacoで支払ったほうが得だ。

スポンサーリンク

口座振替サービスとクレジットカードのポイント還元はどちらが得か

一方、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力の電気料金で、口座振替とクレジットカード(またはnanaco)払いのどちらが得になるかは、電気料金とクレジットカードの還元率次第だ。
ポイント還元率1%のクレジットカードまたはこのクレジットカードでnanacoにチャージして支払う場合は、電気料金が月額5,400円以上なら、口座振替割引額54円以上のポイントがもらえるので口座振替より得になる。
逆に電気料金が月額5,400円以下なら、口座振替のほうが得だ。
またポイント還元率1.2%のクレジットカードまたはこのクレジットカードでnanacoにチャージして支払う場合は、電気料金が月額4,500円以上なら、口座振替割引額以上のポイントがもらえるので口座振替より得になる。
逆に電気料金が月額4,500円以下なら、口座振替のほうが得だ。
自分は現状、口座振替割引サービスがある電力会社と契約している。
電気料金は月によってバラツキはあるが、口座振替割引のほうが得なので、そちらを利用している。
セミリタイア後の移住先では、電力会社を大手の北海道電力にすると、口座振替サービスがないのでクレジットカードで支払う予定だ。
ただし、北海道電力以外にも、いくつかの新電力があるので、新電力の電気料金も調べたいと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする