クローズアップ現代「先行き不安病を斬る!わが家のマネー防衛」?

スポンサーリンク

昨日、たまたまクローズアップ現代「先行き不安病を斬る!わが家のマネー防衛」をみたので、思ったことを書こうと思います。セミリタイアしている方や目指している方で見た人も多いと思います。うる覚えのところがあり、数字や記述に間違いもあると思います。ご了承ください。

最初に登場した家計の節約の達人?、雑誌などにもよく登場するという有名な主婦・・・定期預金の金利が0.4%から0.04%に下がってしまったため解約したという。個人国債も金利が低いのでドル建ての保険商品に投資・・・

マイナス金利の時代でもネット銀行や銀行のネット支店を探せば、利率0.20.4%の定期預金はまだまだあるし、その前に引出し手数料を払うって何??と思ってしまいました。家事や光熱費などで節約できても、引出し手数料でその努力はすべて吹っ飛んでいっているでしょう。逆に節約の達人が手数料を払っていることがちょっと信じられませんでした。

それから、ある夫婦2人の老後の年金が月22万円。でも「もう少しゆとりある生活をするにはあと月15万円はほしいところ」だそうだ。そうすると「老後資金は3000万円必要になります。」というよく聞く話の展開。1人で月18万円程度の生活費

18万円となると、今の私では遠出や長めの旅行に行ったり、大型家電でも買わない限りこんなに使うことないです。これが毎月ということで、ゆとりありすぎますね。医療費も含めてのことなのでしょうか。内訳がないのでよくわかりません。

出演者の山崎元さんも「老後資金は3000万円」というのはいかにも不安を煽って手数料の高い金融商品を売りつける金融機関の手口みたいといっていました。本当にそんな感じがします。投資の相談を、投資する金融機関の店員にしてはいけないということも同意します。

スポンサーリンク

結局のところ、自分で調べて勉強するしかない

今日の番組内容では不安病は解消されないでしょう。山崎元さんが具体的な投資例として、iDeCo商品の手数料が0.3%以下の国内株式、海外株式のインデックスファンドを勧めていました。でも確定拠出年金やインデックスファンドを知らない人には何を言っているか全くわからないでしょう。私も2年前だったら、全然わからなかったです。

セミリタイアされている方、目指している方の中にはインデックスファンドに投資されていて、山崎元さんの著書を読み、ブログで紹介されている方も多いです。私も読みました。初心者の私でも理解しやすい内容で、番組で語っていた内容も詳しく書かれていますので、より知りたい方はお勧めだと思います。

改めて自分で金融商品や税金の勉強は継続していこうと思いました。

     

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする