扇風機が壊れた

スポンサーリンク

相変わらず多忙でなかなかブログを更新できなかったが、前のペースに少しずつ戻していきたいと思う。

以前のブログで家電が次々に壊れ始めていることを書いたが、今日はそのうち扇風機の事を書こうと思う。

なんやかんやでもう1ヶ月半ぐらい前になるが、ついに扇風機が動かなくなった。

扇風機は、日◯リビングサプライ製の縦型扇風機スリムファン(型式HSF-600)で、2012年に¥9500で購入した。

プロペラが回る普通の扇風機ではなく、縦長のファンが回るタイプのものだが、僅か5年で壊れた。

今シーズン使い始めてしばらくすると、ファンをまわすとどこかに当たっている音が聞こえ始めた。

使っているうちに音も大きくなり、夜寝ているときにうるさくて眼が覚めた。そして遂には動かなくなった。

この縦型ファンを買う前に使っていた扇風機は、普通のプロペラタイプ(東◯製)で、この扇風機も最後は異音がしてそのうち動かなくなったが、15年以上はもっていた。

スポンサーリンク

新しく買うことにした

扇風機はあまり長く使うと、モーターから発火の恐れもあるので交換したほうがいいが、今回はあまりにも寿命短かった。

少し分解して調べると、回転するファンの根元が他の部分に接触しないようにゴムのパッキンで少し浮かせる構造になっていて、このパッキンが破れていた。

そのためファンが他の部分に接触して異音が出て、ついには完全に引っかかって動かなくなったようだ。モーターの寿命ではないらしい。

パッキンを変えれば直ると思ったが、代わりになるようなものはなく、このファン自体もプロペラタイプより風が弱く、角度もあまりなかったので買い換えることにした。

この縦型ファンを買ったときは普通のプロペラタイプではなく、ちょっと違うタイプの扇風機がほしくて、これにした。

もちろんダ◯ソンのファンも考えたが、扇風機にしてはさすがに高く、買う気にならなかった。

今回はプロペラタイプの扇風機、三◯のR30J-RU-Rを購入した。価格com.での評判がよく、価格も¥6970と、大手メーカー製でリモコンありの中では安かった。

性能も特に問題なく、風量の「しずか」は、確かに静かで寝ていても音で起こされることはないかもしれない。

強いて言うなら、色が赤(スパイシーレッド)とベージュ(ココアベージュ)しかないことぐらいではないか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする