’16 島旅「強風の隠岐の島」と「出雲の国」 知夫里島−中ノ島

スポンサーリンク

16:46 中ノ島・菱浦港に到着。船を降りるとすぐに屋根つきの大きなウッドテーブルとイスのある待合場所がありますので、ここで自転車を組み立てます。一旦、宿の場所を確認した後、三郎岩が見えそうなところに向かいます。三郎岩は中ノ島の観光名所の一つですが、パンフレットでは船からの写真しか載っていません。場所を地図で確認すると、中ノ島の北側にある角山近くの海岸の沖にあるようでしたので、そちらにほうに行ってみます。県道317号線から途中で諏訪湾沿いの道を北上します。橋を越えたあと、角山の西側をまわるように上っていくと木や草むらの間から海が見えだします。

17:25 しばらくゆっくり海のほうを確認しながら上っていくと、草むらが途切れて三郎岩らしきものが見えました。近くのガードレールに自転車を止めて、見えた場所に戻る途中、人が踏みつけて草がはがれたような場所がありました。そこから正面に三郎岩らしいものが見え、写真を撮るにはちょうどいい場所でした。多分、ここで皆さん写真を撮ったのでしょう。改めて三郎岩をみると、パンフレットと形がかなり違います。パンフレットでは大中小の細長い3本の岩にみえますが、ここからは細長くは全く見えません。地図で方向を確かめましたが、間違っていないようです。周りをみても岩が3つ並んでいるところは他にはありませんでした。見る角度によって、形が違うのかもしれないと自分を納得させます。

三郎岩

三郎岩

スポンサーリンク

宿に向かう

17:30 宿に向けてきた道を引き返しますが、まだ少し時間があったので宿近くの隠岐神社の行くことにします。

17:45 隠岐神社に到着し、鳥居をくぐり、中に進みます。なかなか立派な神社です。境内で地元の方と思われる一人の男性と挨拶を交わします。一通り見学して神社の入口に戻ると、先ほど境内で挨拶を交わした方ともう一人別の方が話しをしていました。今日のツーリングはこれで終わりで、宿に向かいます。

18:15 買い物をして宿に到着。今日のお宿は「民宿かつた荘」です。宿には普通の自宅にある玄関はあるのですが、宿の入口という感じには見えなく、他に入口らしい所がないか探しました。すると、隠岐神社のほうからこちらに走ってくる方がいました。その方が宿のご主人であり、先ほど隠岐神社の前で、境内で挨拶を交わした人と話していた人のようでした。宿の入口はここの玄関で、自転車は車庫に止めさせていただきましたので安全です。部屋は広めでこたつがあり、お風呂とトイレは共同です。今日は海鮮中心の晩ご飯つきで非常に満足しました。一人で泊まる場合は1050円割り増しとなりますが、この島の他の宿でも同じようです。それから可燃物のゴミは処理してくれるようですが、不燃物は不可のようなので持ち帰る必要があります。

走行時間:4h57m26s 走行距離:69.29km
平均速度:13.9km/h 最高速度:39.3km/h

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする