’18 夏の北海道 初めてのキャンプ旅③ 北村〜美唄

スポンサーリンク

最終日 2018-8-3(金)

6:10 起床。寝不足が続いてアルコールが入っていたとはいえ、ぐっすり眠れた。昨日出たゴミを捨てるのと朝飯を買いにコンビニに行く。
今日もいい天気だ。干していた洗濯物は全然乾いていない。
朝飯を食べて撤収開始。テントが少し朝露で濡れていたので乾かしておく。撤収も順調に完了。洗濯物はリアキャリアのバッグの上に括り付けて走りながら乾かすことにする。
他のキャンパーもほとんど撤収を開始しているが、ゆっくり朝飯の準備をしていて連泊しそうな人もいる。
今日の予定はまず道道116号線で桂沢ダムへ行き、そこから国道452号線、道道136号線、国道38号線を経て富良野に向う。
富良野から国道38号線を避けながら南下し、山部で食料を調達して国道237号線、道道465号線でかなやま湖畔を目指す。
走行距離は120kmを超え、最後の道道465号線にはかなりの急坂があるらしいので、あまり寄り道せず行こうと思う。

初めてのキャンプ旅

スポンサーリンク

出発

8:15 トイレで用を足し、キャンプ場を出発。道道6号線に出ると北から岩見沢市街方向に向かう荷物満載のソロ男性の自転車とすれ違い、挨拶を交わす。
この時間にこの辺を走っているということは、昨晩は月形の皆楽公園に泊まったのだろうか。
コンビニにゴミを捨てた後、こちらも一路岩見沢市街へ向かう。
さっきすれ違ったソロの自転車が400~500mほど前を走っているが、だんだんと距離が縮まってきてそのうち追いつきそうだ。
そんな事を思って5kmぐらい走っていたところ、腰まわりがいつもと違う感覚なことに気づいた。
「あっ、ウェストバッグを着けていない!」

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする