’08 春の秋田 斜め縦断の旅② 乳頭温泉郷〜水沢温泉郷

スポンサーリンク

初日 2008-4-30(水)

9:50 JAL便で予定より10分ほど遅れて秋田空港に到着。
予約していた乗り合いタクシーは、30分ほど前に到着した東京便のお客さんを乗せているはずなので、随分待たせているはず。少し焦るが、自分のせいではないので仕方ない。
カートに荷物を載せて急いでタクシー乗り場へ向かうと、それらしきワンボックスカーを発見する。
輪行バッグをタクシーの後ろに載せ、待っていた運転手さんとお客さんに一言謝りを入れて乗り込む。
ところが、車が動いて10秒も経たないうちに、カメラと携帯をカートに忘れてきたことに気づく。焦っていたのだろう。
すぐに止めてもらい、ダッシュで取りに行く。
タクシーに戻り、もう一度、皆さんに謝る。やれやれ、いきなり二度も迷惑をかけてしまい、早くもどっと汗をかいた。

スポンサーリンク

乳頭温泉郷へ

一息つき、乳頭温泉郷までの約2時間、のんびり車窓からの風景を楽しむことにする。
乗客は自分の他は3人ほど。国道46号線を通り、まずは桜で有名な角館へ向かう。
ところが角館に着くと、桜まつりを前にして桜は完全に散っていて、葉桜まつり状態。角館の桜はこの旅のハイライトの一つだったが、仕方あるまい。
角館を後にして、田沢湖駅で一人降り、その後もまた一人と降りて、最後は自分だけになる。
11:45 タクシーの目的地、乳頭温泉郷・大釜温泉に到着。黒い木造の建物が目に引く。
乳頭温泉郷付近はまだ桜は咲いていないようだったので、運転手さんに「桜はまだみたいですね」と聞くと、ここは標高が高いからまだ先との事。

大釜温泉

12:00 自転車の組み立て完了。どこも問題なさそうだ。
一旦、乳頭温泉郷の一番てっぺんにある「蟹場(がにば)温泉」まで行き、そこを出発点にする。
今日の予定は、乳頭温泉郷から田沢湖まで下りて、田沢湖を反時計回りに一周し、その後は遊覧船で田沢湖を周り、宿のある水沢温泉まで戻る。
乳頭温泉郷は7つの温泉宿があり、宿泊することや日帰り温泉に行くことも考えたが、宿泊は料金が高めなのでパス、日帰り温泉もこれから走って汗をかくのでパスした。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする