’08 早春の天草と通潤橋⑥ 山都〜熊本空港

スポンサーリンク

最終日 2008-3-16(日)

今日は旅の最終日。早起きしたので、朝食前に散歩に出てみる。天気は薄曇りだが、時間が経てば晴れてくるだろう。
県道320号線を少し戻ったり、宿の先へ下ってみたりする。狭い山間の中に棚田が続き、満開の桜の木もあって、いい風景が続いている。30分程で宿に引き返す。

棚田の風景が続く

帰りのフライトは熊本空港発19:20のJEX便。時間は十分あるが、今回初めて出発直前の空港で自転車を折り畳むので、余裕を持ってまだ明るい17:30ぐらいに空港に着こうと思う。
9:30 宿を出発。まずは県道320号線を下り、「鵜の子滝」に向かう。宿の前の県道に「うのこ滝」への標識があるので、この先も標識に従って進めばいいだろう。
笹原川を渡り、さらに南下すると「うのこ滝」の入口を示す大きな看板を発見、すぐ横には「鵜の子滝入口」のバス停もある。
右折して細いコンクリート道に下り、自転車で行けるところまで行くことにする。
9:51 入口から1km程で駐車スペースに到着。ここに自転車を停めて笹原川沿いの遊歩道を歩いて行くことにする。

スポンサーリンク

鵜の子滝

5,6分ほど森の中を歩くと早くも滝を発見。これが「鵜の子滝」かと思ったが、近くの古い案内板によると「つばめ滝」のようだ。

つばめ滝

更に3分ほど歩くと別の滝の真横に出た。真横なので流れ落ちる滝は見えないが、音だけは聞こえる。
ふと見上げると木々の間からは大きな橋が見える。あれが「鮎の瀬大橋」のようだ。
更に3分ほど歩くと滝の全貌が見えてきた。さっき真横からみた滝は「鷹滝」のようだ。
10:08「鵜の子滝」に到着。遊歩道の行き止まりにある展望所から2つの滝が見える。奥が「鷹滝」、手前が「鵜の子滝」のようだ。
2つの滝が2段になっていて、まずまずの迫力だ。ただ「鵜の子滝」の下の部分が草木でちょっと見づらい。

鷹滝(上)と鵜の子滝(下)

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする