’08 早春の天草と通潤橋② 出水〜河浦

スポンサーリンク

2日目 2008-3-12(水)

自転車旅の実質初日。 朝起きて外を確かめる。いい天気だ。
ホテルの部屋からは、古い小さな駅舎とその奥に新幹線の新しくて大きなガラス張りの駅舎がある出水駅が見える。九州新幹線に乗ることはしばらくないだろう。
今日はまず出水市内の「ツル観察センター」を見学した後、黒之瀬戸大橋で長島に渡る。長島を北上して、蔵之元からフェリーで天草下島の牛深に入り、河浦まで行く予定。
9:00 ホテルをチェックアウトし、外でMR-4Fを15分ほどで組み上げる。これまで乗っていたクロスバイクのTR−LITEに比べ、圧倒的に早い。

MR-4Fでの初旅出発

スポンサーリンク

ツル観察センター

9:20 宿を出発。県道373号線と374号線を通り、国道3号線に出る。国道は思っていたほど交通量は多くない。
県道367号線へ右折して菜の花が咲く田園地帯を走ると間も無く、田植えや種まき前の農地にたくさんの鳥が現れる。「ツル観察センター」に近いので、あれが「ツル」だろうとは思ったが、近くで見ると思っていた「ツル」とは違った。
「ツル」と言えば、真っ白い「丹頂鶴」しか思いつかなかったので、ここで見かける胴体が黒く、首から上だけが白い鳥が「ツル」には見えなかった。
10:15「ツル観察センター」に到着。入館料210円也。2階の展望室から見ると、「なんぼいるんだ」っていうくらいのツルがいる。餌やりをしているから集まっているのだと思うが、ざっと数千羽はいるようだ。
観察センターの展示やパンフレットをみると、ここにいるツルは真鶴やナベヅルのようで、今月下旬にはシベリアに旅立つそうだ。

ウヨウヨいる「ツル」

真鶴?ナベツル?

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする