’07 やまなみハイウェイから阿蘇、耶馬渓・国東半島へ⑨ 姫島〜別府

スポンサーリンク

9日目 2007-10-6(土)

6:30に起床し、7:00に朝食をいただく。朝食の時、宿の方から今日は姫島のお祭りであることを教えていただく。日差しが部屋の中にも差し込み、今日も天気が良さそうだ。
8:00 予定通り、宿を出発し、島の七不思議伝説を辿ることにする。まずは七不思議伝説の4つが集中する島の東側に向かう。
出発して5分程で、船の形をした山車を引く一団に出会う。宿の人が言っていたお祭りの山車のようだ。後で調べると、「船引き祭り」という大帯八幡社の秋の大祭で、歌や太鼓をお囃子ながらで山車で島中を周るようだ。
交通量皆無の県道686号線を東へ進む。長尾トンネルを抜け、そろそろ最初の七不思議伝説「逆柳」のポイントだが、それらしい場所が見つけられず通過する。 8:22 県道686号線を下り、海に出る手前で2つ目の「かねつけ石」、続いてにすぐ先にある3つ目の「拍子水」に到着。記念撮影をしてすぐに出発。
左手に周防灘を見ながら進むと間もなく、両側に海が広がる砂州のような道に出る。この先に4つ目の「浮田」があるはずだが、ここも場所がよくわからず通過。

スポンサーリンク

出航まで残り30分

8:29 島の東端にある5つ目の「阿弥陀牡蠣」の案内板に到着。「阿弥陀牡蠣」は案内板から歩いて急坂を登った灯台の下にあるらしい。
船の時間まであと30分ほどしかなく、「阿弥陀牡蠣」もどうやら陸からは見えないようだったので、ここで引き返すことにする。
砂州のところまで戻ると、海の向こうに国東半島の山並みがみえ、いい眺めだ。 来た道をさらに戻り、島の中心部に戻ってくる。ここから島の北部にある2つの七不思議伝説に向かう。
8:54 養殖場の先にある6つ目の「浮洲」、7つ目の「千人堂」の案内板に到着。船の出航まで後15分しかなく、案内板で2つの場所を急いで確認する。
しかし、「千人堂」はこの先、山を歩いた先にあるため行くのを断念。
「浮洲」は沖合の鳥居があるところらしく、砂州は見えたが、私の視力では鳥居ははっきりと確認できなかった。

沖合に「浮洲」が微かに見えたが・・・

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする