’07 「幻の橋・タウシュベツ川橋梁」と「富良野・美瑛の丘」④ 帯広〜中富良野

スポンサーリンク

4日目 2007-8-1()

今日はまず帯広から富良野の布部までJRで輪行する。

6:15 重い輪行バックとリュックを担いで宿を早めに出発。荷物の重さは20kg近いはず。朝早いため涼しいはずだが、帯広駅まで10分ほど歩いただけで汗だくとなってしまった。

乗る汽車(北海道では電車といわない)は始発なので早めにホームに入線するだろうし、輪行バックの置き場所も確保する必要があったため早めに駅に来た。
ホームに上がると、間もなく乗車する汽車が入ってきた。1両編成だ。

初めての電車(汽車)輪行なので、輪行バックを車輛のどこに置くべきか事前に調べておいた。ネットで調べると、先頭車輌の一番前か最後尾車輌の一番後ろに置くと、通路がないため、他のお客さんには一番邪魔にならないらしい。

入ってきた汽車は古い車輌で、前と後の2箇所にしかドアはない。
ドアが開いたので輪行バックを乗り込んだすぐの壁際に置く。発車まで時間があるのでホームに出る。

スポンサーリンク

ローカル線を走る1両編成のワンマン車

そこでちょっと考えた。今輪行バックをおいたあたりは、ドアから出入りするお客さんの邪魔になるのではないか?

今日、輪行するのはローカル線を走る1両編成のワンマン車だ。運転手ひとりだけで車掌はいない。
ここ北海道のローカル線は無人駅が多く、今日乗る根室線もほとんど無人駅だろう。
無人駅に到着すると、降りる乗客は車輛の先頭に進み、運転手に切符を渡したり、バスと同じように運賃箱にお金を入れてドアから出る。
このため、車輌の先頭付近は人の移動が多いため、このあたりに輪行バックを置くと邪魔になるのは必至。

では、今輪行バックをおいたのは車輌の前側なのかそれとも後側なのか。車輌のどちら側にも運転席があるので判断がつかない。
そこでホームの駅名標識を探す。駅名標識の隣の駅名を見て進行方向を判断する。

JR帯広駅

JR帯広駅

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする