’07 「幻の橋・タウシュベツ川橋梁」と「富良野・美瑛の丘」② 上士幌〜糠平

スポンサーリンク

2日目 2007-7-30(月)

今日は、旅のハイライトとなる幻の橋「タウシュベツ川橋梁」に行く。映画「雪に願うこと」のロケ地になったところで、映画を観てぜひ行ってみたいと思った。

9:30 宿を出発。上士幌の街から国道273号線を北上し、まずは糠平温泉に向かう。出発した時は曇っていたが、だんだんと晴れてきた。
国道は交通量少なく、周囲は畑からだんだんと牧場が増えてきた。景色を楽しみながら走る。

10:34 大雪山国立公園内に入る。糠平方向は雲ひとつない完全な青空だ。
国道273号線は、糠平温泉手前で自転車乗りにとって難敵なトンネルが連続している。だが、ここも交通量少なく、歩道があったりするので問題なく通過。
このトンネルが始まるあたりから、のぼり坂とわかる傾斜になるが、勾配は2,3%ぐらいとキツくない。

糠平に向かう国道273号線

快晴の大雪山国立公園へ

11:15頃、糠平温泉に到着。今日はここに泊まるので、宿に一旦荷物を置かせてもらい、身軽になってタウシュベツ川橋梁に向かう。
この後も、両脇に森が続く国道273号線を北上するが、意外にもほぼ平坦な道が続く。

スポンサーリンク

糠平三股林道

糠平湖沿いを過ぎ、タウシュベツ川橋梁に続く糠平三股林道の入口を探しながら走る。しばらく進み、音更川にかかる丸山橋を通過すると、右手にそれらしい入口を発見する。

国道273号線の直線路

タウシュベツ川橋梁は、糠平三股林道の入口からダート道を4kmほど進んだところにある。林道に突入すると、新しい砂利を入れた直後らしく、石がゴロゴロしている。
こんな道だと自転車はまともに走れないし、パンクの危険もあるので、乗って行くことを諦めて、押していくことにする。
周囲に全く人家や田畑のない林道なので、熊除けは必須だ。鈴を鳴らしながら歩いていく。

林道を歩いていると、たまに観光客と思われる車が通ったが、全部あわせても10台もなかった。訪れる人はあまり多くないようだ。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする