’07 幻の橋『タウシュベツ川橋梁』と富良野・美瑛の丘 美瑛

スポンサーリンク

6日目 2007-8-3(金)

今日は美瑛の北に広がる「パッチワークの丘」をめぐる自転車旅です。明日の飛行機で帰る予定なので実質、自転車ツーリングは今日が最終日です。

朝、起きると昨日の雨は上がっていて雲は多いですが、ところどころで青空も見えています。時間はまだ8時前ですが、天気が少しでもいいうちに出発することにします。

宿を出て、観光案内所でもらった地図を見ながら「ケンとメリーの木」に向かいます。国道237号線を越えるとのぼり坂になります。ここは「パッチワークの丘」の入り口で、ここからはずっとアップダウンの連続となります。のぼりきると「ケンとメリーの木」に到着。朝早いせいか、観光客はほとんどいません。「ケンとメリーの木」は日産スカイラインのCMで有名になったところのようです。次にすぐ近くにある「ぜるぶの丘」に向かいます。「ぜるぶの丘」へ行くには一旦、国道237号線まで下りないといけないようで、訪れる順番を間違えたようです。

「ぜるぶの丘」に到着。広い公園で園内ではカートも乗れるようです。園内を歩いていると大きな丸太に「亞斗夢(あとむ)の丘」と書かれた看板があり、場所を間違えたかなと思いました。でも看板の裏側にまわると「ようこそ ぜるぶの丘へ」と書かれてあり、間違いではなさそうです。後で調べると、園内には「ぜるぶの丘」と「亞斗夢の丘」があり、公園の名称も「ぜるぶの丘 亞斗夢の丘」というそうです。ここの園内にも色とりどりの花が咲いてる花壇があって、他のラベンダー畑園や「四季彩の丘」に負けず劣らずの綺麗さでお勧めです。場所も国道237号線沿いの美瑛の街の入口にあり、わかりやすいです。

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘

スポンサーリンク

「セブンスターの木」へ

次に「セブンスターの木」に向かいます。再び、丘をのぼり、「ケンとメリーの木」を過ぎて、さらにアップダウンの道を北西に進みます。旧北瑛小学校辺りの分岐道で少し迷いながらも「セブンスターの木」に到着。9時を回ってこの頃になると他の観光客も多く出始め、車や人が入らないように「セブンスターの木」の写真を撮るのもなかなか大変です。

セブンスターの木

セブンスターの木

丘の風景

丘の風景

続いて「親子の木」にやって来ました。ここは「親子の木」が立っている道路上のせいか、写真を撮ろうとしても角度がないため、3本の木が重なってしまい、いい写真が撮れません。「親子の木」が正面から見える撮影ポイントを後で探そうと思います。

次に「マイルドセブンの丘」へ向かいます。少し離れたところから、テレビか何かで見たような気がする一列に並んだ木々が見えます。近くに行ってみるとなぜかバイクがたくさん止めてあり、ライダーもたくさんいます。ただ、近くで見てもただ木が何本も生えているだけなので、景色を楽しむには離れたところから見るほうがいいです。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする