’07 やまなみハイウェイから阿蘇、耶馬渓・国東半島へ 別府〜大分

スポンサーリンク

12:00 別府の市内観光は終了。大分に向かうことにする。
大分へは国道10号線しかないが、子供の頃にテレビでみた「別府大分毎日マラソン」で海沿いの道が狭かった記憶がある。
それで事前に調べてみた。拡張工事は進んでいるようだが、まだ終わっていないようだった。
交通量は多いはずなので、最悪、狭い歩道を自転車を押して歩く事も想定していた。
実際に行ってみると、想像通り交通量は多かったが、拡張工事が終わったところは歩道が非常に広く、路面も出来たてのため綺麗で走りやすい。
工事が終わっていないところは人一人が通れる幅の歩道で歩行者とすれ違う場面もあったが、距離が数百mほどだったので、特に問題はなかった。

国道10号で高崎山へ

12:22「高崎山自然動物園」の前に到着。時間はあるが、あまり興味はないので通過する。
さて、このまま大分港に行ってもフェリーの時間までまだ4時間近くあるので、どこかでお土産を買おうと思う。
フェリー乗り場でも買えるが、時間があるので大分駅前まで行ってみることにする。

スポンサーリンク

大分到着

13:30 大分駅に到着。駅ナカにある店で、バックに入る程度のお土産品を買う。
まだ時間があるので、フェリー乗り場までぶらぶらポタリング。どこかで一杯やろうかと思ったが、昼間にそんなお店はなかった。
フェリー乗り場近くのコンビニで食べ物と飲み物を調達する。
15:50 30分前には車両の積込みが始まるので、車両の待機場所に並ぶ。もちろん一番乗りだったが、少しずつバイクや車が並びだした。
帰りのフェリーは、バス・トイレ付きの特等Aの個室で、料金は自転車含め17,990円也。行きと同じ一等でよかったが、空きがなかったのでグレードアップした。

乗船待ちのフェリー

16:00 フェリーに乗り込み、自転車を預け、部屋へ。バス付きなので急いで大浴場に行く必要もない。
16:20 大分港出航。10月だというのにまだまだ蒸し暑く、ゆっくり風呂に入り汗を流す。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする