’07 やまなみハイウェイから阿蘇、耶馬渓・国東半島へ 別府〜大分

スポンサーリンク

最終日 2007-10-7(日)

今日は実質自転車旅の最終日。今にも雨が降り出しそうな天気で、こんな天気は3日目のやまなみハイウェイを走った日以来だ。
出発前に、朝食に向かう。朝食はホテルの向かいにあるレストランであったが、家族や団体客で激混み。
家族や団体客はスタッフが空き席へ案内していたが、1人客の私にそんな対応はなく、自分で空いている席を見つけて行こうとする。
ところが席へ向かおうとするとその直前にスタッフが別の団体客を案内する始末で、そんなことを何度か繰り返して一向に席に座れず。
結局、諦めて何も食べずにそのまま退散。こんな対応のホテルにはもう泊まることはないだろう。
気を取り直し、今日はまず「地獄めぐり」など別府の市内観光に向かう。その後、大分港に行き、帰途につく予定。
フェリーの出航時刻は大分発16:20なので時間は十分ある。
バックにレインカバーをつけ、レインウェアをバックから出し、いつ雨が降ってきても大丈夫な装備で、まずは「鉄輪温泉」に向かう。

スポンサーリンク

いざ出発

8:30 ホテルを出て国道500号線を上っていく。勾配5%ほどの結構な坂。
朝食は食べていないが、朝一なので体力もあり問題なく上る。県道218号線の交差で右折、この辺から鉄輪温泉のはずだ。
県道218号線に入り、最初の信号を左折すればよかったのだが、住宅街でこれといった標識も見つけられず通り過ぎてしまう。
県道218号線を少し進むと、「海地獄」への標識があったので次の交差点で左折する。
9:06「かまだ地獄」に到着。駐車場の脇に自転車を止め、チケット売場で地獄めぐりの共通券を購入する。
「かまだ地獄」に入り「かまど5丁目」辺りから、青白いお湯の池や、泥沼から茶色や赤褐色のお湯がブクブク湧いている池など見ながら「かまど1丁目」まで色々なお湯を目で楽しむ。

かまど地獄

次に「鬼山地獄」へ。
ここにはなぜか「ワニ」がウヨウヨいる。お湯が湧く池はあるものの「ここはワニが売り?」の地獄のようだ。
別府と「ワニ」の関係性はわからないが、一通り見学。

ワニ地獄?

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする