退職金の確定拠出分の受取は一時金にする?それとも年金?

スポンサーリンク

前回の続きで、退職金のうち、まず確定拠出DC分の受取方法について一時金と年金どちらにするのか考えた。

40代後半で退職した場合で考える。

退職時、DCはそれまでの企業型から個人型に移行するつもりだ。

個人型DCの受け取りは6070歳なので、60歳以降、個人型DCを退職金の一時金として受け取ると仮定する。

退職所得控除の勤続年数はDCの場合、加入年数となるが、ここで気をつけることは前職の勤続部分と重複する年数は除かれるということだ。

すなわち企業型DC35歳に加入、47歳で退職し、個人型DCに移行、60歳まで継続すると、実際の加入年数がトータル25年だが、前職の勤続部分と重複する12年分は除かれるので加入年数は13年になり、退職所得控除は、

{800万円+70万円×(25-20)}-(40万円×12)=670万円

とかなり減る。60歳でDCの残高がこれ以上であれば、税金がかかってしまう。

それなら公的年金のない60歳から5年間の年金給付にしたほうがいいのではないかとも考えたが、もっといい方法があった。

スポンサーリンク

もっといい方法とは?

前職の退職金受け取りから15年以上経つと、退職所得控除はリセットされ目一杯使えるようになる。

なので、企業型DC35歳に加入、47歳で退職し、個人型DCに移行、62歳まで継続すれば、退職所得控除は、

800万円+70万円×(27-20)=1290万円

と、2年待てば、ほぼ倍増する。

70歳まで個人型DCを続けると、

800万円+70万円×(35-20)=1850万円

になる。12901850万円がDCの運用目標額にもなりそうだ。

公的年金のない60歳から5年間の年金給付にした場合、確定給付DB分を年金で受け取っときの税金や社会保障費を考えないといけないので、ちょっと面倒。

とりあえず、DC分の受け取りは62歳以降に一時金として受け取ることにする。

今のところ・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする