24インチフォールディングバイク(折畳み自転車)のきっかけ

スポンサーリンク

はじめて購入して乗り始めたスポーツバイクはクロスバイクのLGS-TR LITEです。TR LITEで最初の自転車旅に出かけたのは2007年7〜8月にかけての北海道でした。この時、飛行機輪行を2回、電車輪行を2回して、2回ずつ折畳みと組立をしました。自転車旅行に出かける前に何度も自宅で折畳みと組立の練習を行いましたが、それでも1回の折畳みや組立に30分程の時間がかかりました。経験を重ねれば、もっと時間を短縮できるだろうと思いましたが、それ以上にもっと簡単に折畳みや組立ができないかという気持ちのほうが強かったです。

そんな気持ちがあって、2007年9〜10月にかけて大分・熊本に出かけた2回目の自転車旅行では、一度も輪行をしませんでした。関西からフェリーで大分を往復し、自宅とフェリー乗場の間は自走、フェリーにはそのまま自転車を載せ、大分・熊本でも全て自走しました。結局のところ、TR LITEは走りは全く問題なかったですが、折畳みと組み立てが面倒ということがネックとなってしまいました。

スポンサーリンク

フォールディングバイク探し

大分・熊本への自転車旅のように目的地までフェリーで行ければいいですが、時間がかかるため行き先がかなり限られてしまいます。いろいろな所に出かけることを考えると、飛行機や電車での輪行が必要となるので、輪行しやすいフォールディングバイクを探すことにしました。11月頃からネットで探し始めると、フォールディングバイクはやはり20インチ以下の小径車が多かったです(現在もそうですが)。小径車に乗った経験がなかったので少し調べてみると、やはり700cに比べるとスピードはかなり劣るようでした。26インチぐらいのフォールディングバイクはないものかと探してみるとDAHONから販売されていることがわかりました。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする