’07 幻の橋『タウシュベツ川橋梁』と富良野・美瑛の丘 上士幌〜糠平

スポンサーリンク

2日目 2007-7-30(月)

今日は旅のハイライトとなる幻の橋『タウシュベツ橋梁』に向かいます。映画「雪に願うこと」のロケ地になったところで、映画を観てぜひ行ってみたいと思いました。

上士幌の街から国道273号線を北上し、まずは糠平温泉に向かいます。だんだんと畑より牧場が増えてきます。国道ですが、交通量は少なく、景色を楽しみながら走れます。出発した時は曇っていましたが、大雪山国立公園内に入るあたりから晴れてきました。糠平温泉手前で、自転車乗りにとって気になるトンネルが連続して現れますが、交通量が少なく、歩道があったりするので問題ないです。このトンネルが始まるところから少しのぼり始めますが、勾配は2,3%ぐらいでキツくないです。

糠平に向かう国道273号線

糠平に向かう国道273号線

昼前に糠平温泉に到着。今日はここに泊まるので、宿に一旦荷物を置かさせていただき、身軽になって、いよいよタウシュベツ橋梁に向かいます。この後も、森の中の国道273号線を北上しますが、平坦な道が続きます。

糠平湖沿いを抜けてしばらく進むと、右手にタウシュベツ橋梁に続く糠平三股林道の入口があります。その手前に音更川にかかる丸山橋がありますので、それが目印です。ここからは4kmほどのダート道になります。私が行ったときは砂利を新しく入れたあとだったらしく、石がゴロゴロあり、自転車に乗って行くことは諦めて、押していくことにしました。熊除けは必ず身につけておいたほうがいいでしょう。林道を歩いている時に観光客と思われる人の車は数台しか通らず、訪れる人はあまり多くないようです。1時間程歩きようやく駐車場に到着しました。自転車を止め、そこから更に徒歩で5分程行くと、開けてきます。

スポンサーリンク

今、タウシュベツ橋梁にいくには

2016年現在、タウシュベツ橋梁に続く糠平三股林道は許可車両以外、通行禁止となっています。ゲートが施錠されているようです。

一番簡単にタウシュベツ橋梁を見るには、糠平温泉から国道273号線を三国峠方向に8km進んだところにある展望台から眺めることになります。しかし、この展望台には2013年の夏に訪れましたが、タウシュベツ橋梁はかなり遠いです。

タウシュベツ橋梁の近くまで観光で訪れたい時は、管轄する十勝西部森林管理署東大雪支署に直接行って許可をもらい、ゲートの鍵を借りる必要があるようです。詳しくは上士幌町のHPで確認してみてください。徒歩や自転車の場合も問い合わせたほうがいいでしょう。

NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターの有料ツアーで訪れることもできるようです。

現在は許可を取ったり、有料ツアーに申し込まないと近くまで行けませんが、そこまでしても行く価値はあると思います。ぜひ近くまで見に行っていただきたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする